統合失調症の原因 未だに仮説段階。仮説だけでも何百もある!

統合失調症の原因には、様々な要素が提言されている。

仮説は何百という多岐な数に及ぶが、いずれも仮説の域を出ていない。

遺伝と環境の両方が関係しているが、遺伝要因の影響が大きいと考えられている。

脳に器質的な障害が発生することによるかどうかは両論ある。

病因については、神経伝達物質の一つであるドーパミン作動性神経の不具合によるという仮説をはじめ、様々な仮説が提唱されている。

代表的な仮説

ドーパミン仮説

ドーパミン仮説に基づいた治療が、今の抗精神病薬によるもの。

中脳皮質系は理性、中脳辺縁系は情動を司るが、中脳皮質系の理性の機能が低下(陰性症状)するから、中脳皮質系の情動が暴走する(陽性症状)というメカニズム。

単一精神病仮説

統合失調症、躁うつ病、うつ病、自閉症、注意欠陥・多動性障害(ADHD)などの精神疾患が、共通の遺伝子を原因に発症するとする仮説。

最近注目され始めている。

この場合は、うつ病も統合失調症の薬を使うことになる可能性がある。

すでに、両方に処方される薬もある。

栄養による仮説

新宿の溝口クリニックが取り入れているもの。

アドレノクロム仮説

ナイアシン大量摂取による治療法であったり、糖質制限も関係しているもの。

脂肪酸仮説

ω3脂肪酸の摂取が治療となる。

グルテン仮説

麺類やパンなどの小麦の加工品はダメってことです。

食事で治す心の病 PartⅡ

食生活のあり方が深く心の病に関っている。心身を悪化させる薬づけ医療を厳しく批判しつつ、統合失調症が不治の病ではないことを明らかにした希望の書。統合失調症にビタミンB3(ナイアシン)の効果!

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ