不安にも波がある。不安の強いときには行動や決断をしない!

最近不思議と「不安」をほとんど感じない。

現状が大きく変わったからとか、そういう理由はなく、今までと全く同じ状況であるのに、心から不安がなくなったような印象だ。

振り返ってみると統合失調症になってからは、常に何かの大きな不安感があったのだなと気付いた。

統合失調症で感じる不安感は大震災を被災したときの不安感よりも強いと聞いたことがある。

不安があるのが当たり前で感覚が麻痺していたのかもしれない。

しかし、やがて振り子は逆に振れる。

酷い不安感に悩んでいる人は、やがて全く不安のない心理状態になることが出来る可能性を秘めている。

不安は活動の原動力だが・・・

不安はときに、活動するための原動力ともなり得る。

例えば、あるボクサーは試合前に厳しいトレーニングをして、「大丈夫。これだけやったから絶対負けない!」と感じるまで自分を追い込むのだそうだ。

そうしないと不安で押しつぶされそうになるからと。

僕も不安感が強いときには、「どうにかしないと!」という気持ちが強くなり、とりあえず不安をなくそうと活動する。

でも、ネガティブなエネルギーで動いているから、結果を焦り、後になって見返すと、土台をおざなりにしたピラミッドしか出来ない。

結果、それは時が経つと全て崩壊してしまう。

不安が強いときには動かない!

基本的に、不安が強いときには動かないことを意識すればいい。

感情には波があり、いつか不安を感じないときがやってくる。

そのときまで、最低限だけこなして、後は回復を待った方が得策だろう。

うつの人は自分の状態が最悪のときに行動したり大きな決断をしがちだという。

それも、不安が自分を動かすエネルギーとなっているからだろう。

ただ調子が悪いときの行動も決断も正しいことは稀だから、うつの人は状態が悪いときには行動も決断もしないというのが鉄則だそうだ。