精神科の身体拘束「しょうがないよね・・・」

2018年8月18日。精神科入院の男性死亡で「不適切な身体拘束」だったとして提訴されたというニュースが流れた。

石川県内の精神科病院に入院していた長男(当時40)が肺血栓塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)で死亡したのは不適切な身体拘束が原因として、両親が病院を経営する法人に約8600万円の損害賠償を求める裁判を近く金沢地裁に起こす。精神科での身体拘束をめぐっては最近、こうした訴訟が相次いでいる。

訴状によると、統合失調症との診断を受けていた長男は2016年12月6日に入院。同月20日、両親は病院から「亡くなった」と連絡を受けた。両親は死因は心不全と聞いたが、警察に連絡して司法解剖したところ、肺血栓塞栓症だった。

裁判所に証拠保全の申し立てをして入手した診療録や看護記録などによると、長男は同月14日から手足と体を拘束されていた。食事のときには一時的に腕の拘束を解かれていた。20日は午前10時に身体拘束を解除され、自らトイレに行った後、ベッドの横で倒れているのを発見された。

https://www.asahi.com/articles/ASL8F4QQZL8FUTIL01X.html?iref=comtop_list_nat_n02

僕は3回目の入院で5日の身体拘束を受けた。

それまでは、身体拘束を受けるのは状態が非常に悪い人で、自分には関係ないことだろうとどこか他人事だったが、実際に手足を縛られベッドに貼り付けられて身動きも出来ない四肢拘束を経験することとなった。

トイレにも行けないからオムツを当てられ、食事は看護師に食べさせられる。

ほぼ確実にトラウマになるレベルで、退院して冷静になると非常に落ち込み、これほどの人権侵害はあるだろうかとも感じてしまう。

主治医も「血栓が出来るのが怖い」と言っていたが、上記のニュースように、自分も運が悪かったら肺血栓塞栓(エコノミークラス症候群)で死亡した可能性もあったということだ。

退院して診察に行き、拘束の話になると、主治医は「精神科の身体拘束は社会的批判は大きいけど、しょうがないよね。暴れて自傷しているのを止めるのに、現場でやっている人間としては、それ以外の方法はないから・・・」といっていた。

入院中の看護師は「拘束は命を守るためにしているのだから」といっていた。

退院して1年しても、まだ身体拘束されたことに対しては直視することが出来ない。

そのうちに、まとまったらもっと自分の考えを書けるようになるのかな。

食事で治す心の病 PartⅡ

食生活のあり方が深く心の病に関っている。心身を悪化させる薬づけ医療を厳しく批判しつつ、統合失調症が不治の病ではないことを明らかにした希望の書。統合失調症にビタミンB3(ナイアシン)の効果!

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ