陰性症状と慢性的疲労感「3000m級の登山と同じ疲労」

陰性症状のときには、身体は鉛のように重く、心も全く動かず、長い時間起きていることが苦痛だから、睡眠に逃避して過眠傾向になりがちだ。

統合失調症SST(Social Skills Training:社会生活技能訓練)の高森先生は『3000m級の登山と同じ疲労を当事者の方は受けている』と仰っている。

僕の場合、22歳で統合失調症になって、3年ほどは眠って過ごした。

1番酷い時期には、眠って起きたらまだ辛いから睡眠薬を飲んで・・・と1日の平均睡眠時間が20時間程になった時期もある。

5000m級の登山のように息をしているだけでも疲れてしまうというような状態だった。

統合失調症は前頭前野の活動亢進によるものだということが最近の研究で分かってきたという。

つまり、日常の生活で普通の人は問題とならないような小さなことで大きな刺激とストレスを受けてしまい、脳が疲れてしまう。

そして、活動亢進した脳で「どうすればいいか?」と頭を常に何かを考え頭がオーバーヒートしてしまう。

僕は、辛いときには睡眠薬を少量飲むことで、その辛さは軽減される。

過敏になった脳を麻痺させ、ぼーっとしてあまり考える必要がなくなるから。

しかし、睡眠薬は肉体的な負担が大きいから、そのやり方は頭は大丈夫でも身体の疲労に繋がってしまう。

なかなか「こうすれば疲労感は取れる!10代の頃のようなスッキリ感が生まれる!」というような状態にたどり着くのは難しい。

感覚的には1番酷い時期が5000m級の登山だったとしたら、今でも500m級の登山と同じ疲労感が常にある感じだ。

「疲れたからとりあえず疲れが取れるまで眠り続けて、疲れが取れたら行動しよう」という意識になるかもしれないが、それは疲労の根本的な問題を解決していないので、いくら待っても疲れはとれないし、もし疲労感がなくなったとしても、すぐに重い世界に舞い戻ってしまう。

王道がないとすれば、時間はかかっても丁寧に1つずつ疲労の原因となっているものを取り除いていくしかない。

自分のライフスタイルを分析して、何か1つだけ変えてみる。

目指すべきは、ストレスの掛からない、超自然体な意識と生活リズムだろう。

普通の人はストレスを抱えてもある程度は動けるから、超越した状態になる必要がない。

ストレスのない超自然体な意識と肉体になれる可能性を与えられたのが、統合失調症という「才能」なのだと思っている。

疲労回復に効果があったサプリメントなど

僕が試してみた中で、これは疲労回復にいい!というサプリメントやグッズの紹介。

1 ココナッツオイル タブレット

カフェインは入っていないのにこれを飲むとコーヒーを飲んだとき以上にシャキッ!と目が覚める。

2 ヘパリーゼ

ヘパリーゼは滋養強壮効果がある。

サポートセンターに問い合わせてみると、栄養剤というよりはサプリメントの扱いでカフェイン入っていないし、ビタミンB2、B6は多ければ体から出るし、肝臓エキス、ウコンエキスは害は無いので合っているとお感じなら続けてお飲みください、元気になったなと感じたら休んでください、ととても丁寧に説明してもらった。

さすが、ゼリア新薬!

3 VENEX リカバリウェア

自律神経の乱れを整えるイメージ。寝間着として着用している。睡眠時間が短くなっても、元気!

身体的などんよりとした疲労感は、ずっとなくなることはないのだろうなと感じていたのだが、VENEX リカバリーウェアのおかげで、睡眠に逃避しないといけないほどの重さがなくなってきた。

ていうか、むしろ20代の頃のような活力が生まれてきた!!

VENEX ベネクス リカバリウェア 最高!20代の頃のような活力!!
VENEX ベネクス リカバリウェアというブランドがある。 副交感神経を刺激して、自律神経のバランスを整え、疲労回復を図るというものだ...

食事で治す心の病 PartⅡ

食生活のあり方が深く心の病に関っている。心身を悪化させる薬づけ医療を厳しく批判しつつ、統合失調症が不治の病ではないことを明らかにした希望の書。統合失調症にビタミンB3(ナイアシン)の効果!

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ