身体的な重さを感じなくなった!どうやっても取れない疲労感がなくなった!

陰性症状の時期は何もしなくても、3000m級の登山と同等の疲労感を感じるという。

その疲労は常にあるからその状態で活動するのが当たり前になってしまうが、最近は肉体的な疲労を感じなくなった。

22歳で統合失調症になってから、ずっとあった泥沼に浸かっているようなどんよりとした身体の重さがだ。

統合失調症は加齢が優位に働く希有な疾病だけど、40歳を過ぎて体力的な回復を感じるという、他の疾患ではまずありえない変な感じがする。

肉体的な疲労感がなくなった背景

常にある疲労感をなくなったのには、複合的な要因がある。

今、睡眠に悩んでいる方に参考になるようにまとめてみた。

薬の調整:レキサルティ0.5mg

疲労感からの回復はジプレキサ5mgからレキサルティ0.5mgに変えたことが1番の理由のように思う。

長い間ジプレキサ5mgで調子を保っていたが、ジプレキサは睡眠薬の代替として用いられることもあり、身体は眠いのに起きているという状態で何もしないでも疲労している状態になっていたのだろう。

薬の調整をして、自分にあった薬と量が分かると身体はビックリするぐらい楽になることもある。

サプリメントの効果 B-50コンプレックス

Lineのお薬グループで、B-50コンプレックスを朝・昼・晩1錠ずつ飲んだら、朝の憂鬱な気分や死にたくなる気分がなくなったと聞いたので、同じような飲み方をしてみた。

初日から変化するわけではないが、しばらく飲み続けていると段々と身体の重さを感じなくなった。

今は藤川徳美医師の統合失調症におけるナイアシンなどの摂取量を参考に、朝・昼・晩に、ナイアシン500mg×2・ビタミンC 1000mg・B-50コンプレックス 1錠・ヘパリーゼ2錠飲んでいる。

興味のある人は血液検査を定期的にしつつ、ナイアシンなどの栄養療法を試してみるのも好いかも知れない。

睡眠モニターの効果

スマートウォッチ Xiaomi Mi Band 2で睡眠をモニターするようになって、睡眠に対する意識が高まった。

僕の場合7時間眠って、そのうちに2時間程度深い眠りがあれば、1日調子が好い。

睡眠が長すぎると、逆に身体は重いし、頭も霞がかかったようにぼーっとしてしまう。

Xiaomi Mi Band 2について詳しくはこちら↓から!

スマートウォッチ Xiaomi Mi Band 2 で睡眠モニター!
兄からスマートウォッチ Xiaomi Mi Band 2というのをもらった。 兄が気に入って、母と子どもにプレゼントしたが、子どもは興...

 

マニフレックス フラッグFX

過眠傾向のときには、1日20時間ほど眠って、床擦れで背中にあざが出来たこともあり、睡眠の質は悪かった。

しかし、マニフレックスでは、何時間眠っても普通のマットレスで眠ったときのような身体の疲労がほとんどない。

VENEX ベネクス リカバリウェア

「疲れとり首ウォーマー」でその効果に感動して、リカバリウェアとアイマスクを使用して眠っている。

身体がリラックスして熟睡できるから、疲労感を感じなくなった。

疲れとり首ウォーマーでリラックスして熟睡!
>>> 疲れとり首ウォーマー詳しくはこちらから