好調で眠りたくない夜。また好調はやってくるよ♪

好調で眠りたくないとき

好調で眠りたくないときがやってくることがある。

普段思うように活動出来ないのが、何かの拍子に好調スイッチが入り、このまま眠らないので活動しても好いのではないか?という気分になる。

以前はそういうときには、限界が来るまでノリノリの気分で活動をしていた。

しかし、無理をして長く起きてしまうことで生活リズムが乱れて、結果として肉体的な負担が多くなり、回復は思うように進まなかった。

翌朝不調になっても必ず回復する

なぜ、眠らず活動したいかというと、その根底にあるのは一刻も早く回復したい、今まで出来なかった分を取り戻したいという「焦り」だ。

眠ることで頭がリセットされると、あれほど好調だったのに、翌朝は気分が重いことが多い。

しかし、それはそういうものだと受け入れるしかない。

やがて待っていれば、また好調の波はやってくるから、好調になってから精力的に活動すればいい。

「焦り」は禁物!!

出来ることを出来るときに!!

そうやってリラックスしたゆとりのある心になれば、飛躍的な回復が約束される。

無理をしすぎると翌日はほぼ確実に低調になる

好調だからといって無理しすぎて眠らずに活動してしまうと、翌日は確実といって良いほど低調になる。

それを繰り返すと、翌日は低調になってしまうから、この好調のときに出来るだけ活動しようと無理をして起きて何かをしようと、何も出来ずただだらだらと起きているという悪循環のループに入りがちだ。

眠らず活動したいのは「焦り」

好調で眠りたくない!という気分があれば、心の中に「焦り」がないか、もう一度自分自身を内観して、まず心から「焦り」をなくすと良い。

そうすると低調な時間は少なくなり、普段から好調の波に乗れるようになるから!

食事で治す心の病 PartⅡ

食生活のあり方が深く心の病に関っている。心身を悪化させる薬づけ医療を厳しく批判しつつ、統合失調症が不治の病ではないことを明らかにした希望の書。統合失調症にビタミンB3(ナイアシン)の効果!

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ