陰性症状のときには抗うつ剤で回復することもある

陰性症状とうつは似て異なるものだと思っている。

陰性症状はただただ心身が重く、うつは悲観的になるというイメージ。

ただ統合失調症の陰性症状だと思っていても、抗うつ剤を処方されることで楽になる方もいる。

アナフラニールて抗うつ剤飲み出したら、常に死にたいとか悲しいと思うの無くなりました。陰性症状と見せかけた鬱だったみたい。他にもそういう方いそう。

いくら鬱だって言っても糖質の薬変えられるだけだったんですけど、効かないから抗うつ剤を出して下さい、ってゴリ押ししたら、やっぱり鬱だったみたいで効きました。。太陽とか風が気持ち良いし、景色綺麗だし、劣等感とかも気にならない。違う世界。笑

あまりにも陰性症状が酷く、希死念慮があったり、ネガティブな発想しか出来ないときには、主治医と相談して抗うつ剤を試してみるのもいいかもしれない。

食事で治す心の病 PartⅡ

食生活のあり方が深く心の病に関っている。心身を悪化させる薬づけ医療を厳しく批判しつつ、統合失調症が不治の病ではないことを明らかにした希望の書。統合失調症にビタミンB3(ナイアシン)の効果!

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ