統合失調症と精神的成熟後の好転反応

統合失調症からの回復の過程では、精神的に向上すると、回復時に一時期調子が悪くなる「好転反応」が起こりやすい。

僕の場合、心の奥のネガティブな課題が解決した後に起こる。

その間は、焦りがちだが、新しいエネルギーで動けるようになるまでの移行期で、神様がくれた休日だと思ってのんびり休むことが出来ると、回復は早くなる。

怒りを抜けた世界の好転反応

統合失調症になって、やり場のない強い怒りをずっと感じていた。

あるときそれが閾値に達してしまったのか、頭の中でプチッと回路が切れたように、急に怒りという感情が分からなくなったことがある。

それは、怒りという感情から解放されて素晴らしいことなのかもしれないが、半年ぐらい欝のようになってしまった。

それまでは、怒りという感情をガソリンにして動いていたらしく、急にそれがなくなってどういうエネルギーを基に動けば良いかが分からなくなってしまったためだろう。

怒りという感情を抜けたら、それに隠れていた「焦り」や「不安」という感情がガソリンに置き換わって活動の原動力となったように感じている。

不安を抜けた世界の好転反応

最近、今まであった病的な不安をあまり感じなくなった。

VENEX リカバリウェアを使うようになって自律神経が整ったことと、厳しい行を終えて自信が生まれ、精神的に成熟したということが理由だろう。

不安を感じなくなったら、好転反応で、やる気や意欲がなくなってしまい、睡眠に逃避してしまった。

今までは自分では気付かなくても無意識に「不安」をエネルギーとして動いていた部分が大きかったのだろう。

それが急になくなったから、 エネルギーがなくなって、活動の意欲もなくなってしまった。

この変化の時期が終わると、新たなエネルギーで動けるようになる。

心の奥にネガティブな課題が残っているときには、次なる課題が表面に出てくるが、もうそろそろ「楽しい!」や「ワクワク」といった

ポジティブなエネルギーで動けるようになるのだと直感している。

そうなるまで、神様がくれた休日だと思ってのんびりと休んで待とう♪

食事で治す心の病 PartⅡ

食生活のあり方が深く心の病に関っている。心身を悪化させる薬づけ医療を厳しく批判しつつ、統合失調症が不治の病ではないことを明らかにした希望の書。統合失調症にビタミンB3(ナイアシン)の効果!

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ