陽性症状で突き進むやり方はリスクが高い。

陽性症状に近くなると、神になったかの全能感がある。

脳のリミッターが外れて、すべての脳力を解放したかのようなイメージで、実際に「俺天才か?」というほどに、ものすごいアイデアと活力が生まれる。

僕の場合やがてコントロール出来るようになって必要なときにその全能感のレイヤーに留まり仕事をしていた。

しかしリミッターが外れているということは、容易にレッドゾーンに入って状態は悪くなってしまうということだ。

そういうやり方で実際に2回入院する羽目になった (^_^;

1度調子を崩してしまうと、回復までに1年以上の長い時間が掛かってしまう。

陽性症状のときに突き進むやり方は、生産性が高いように感じるが、容易にレッドゾーン突入の危険性をはらんでいて、リスクが高すぎる。

あまりにも状態が悪くならないように意識して、1度リミッターが外れてオーバーヒート気味になったと感じたらクールダウンするまでに充分休むこと!

8割程度の力で常に余力を残して活動することを意識しよう!