予定があるとストレス!

何か予定があると、他のことが手に着かなくなる。

夜になると「後、○時間したら仕事か・・・」と憂鬱になる人もいらっしゃるかもしれない。

でも、考えてもしょうがない。

予定があるのがストレス

例えば、中国人は特に予定があるのがストレスだという。

知り合いの中国人は「日本に来ると2週間先の予定が決まっているのが辛い」と言っていた。

北京で4年間生活したことがあるのだけど、中国の書店には日本にある「予定帳」のようなものはなく、説明したら業務日誌みたいな馬鹿でかいものを出された記憶がある。

現地では電話して「今日今からどう?」という感じが多かった。

基本的に人間は予定があるのがストレスなのだろう。

そのときに考えれば良い

予定があるのがストレスなときがある。

そういうときには、直前まで考えないようにしている。

「○時から考えれば大丈夫なので、○時になったら考えよう!」と意識するとストレスを感じる時間が少なくて済む。

アインシュタインの名言

敬愛するアインシュタインの名言がある。

「なんで未来のことを不安に思うのです?

そのときなんてすぐ来るからそのときに考えれば好いじゃないですか。」

統合失調症おすすめの本 ランキング1位 新刊

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ