統合失調症の原因「遺伝」について

統合失調症は、100%が遺伝するわけではないが、遺伝が関与しているのは事実。

遺伝の確率

我が国の統合失調症の患者数は80万人。

全体の人口の中で0.7%。

ざっと100人に1人弱の人が発症するというのは、頻度の高い病気といえる。

その中で遺伝による要因はどのくらいか、統合失調症の患者を対象とした調査では、以下のような結果が報告されている。

  • 親の片方が統合失調症であった場合、子どもが発症する確率は10%。
  • 両親がともに統合失調症であった場合、子どもが発症する確率は40%。
  • 統合失調症の兄弟姉妹がいた場合、当人が発症する確率は約10%。

一方で、こんな調査報告もある。

  • 統合失調症の患者さんの家族のうち、両親の約9割は統合失調症ではない。
  • 統合失調の患者さんのうち、兄弟を含めてもその約8割は統合失調症ではない。
  • 統合失調症の患者さんのうち、甥や姪を含めても約6割は統合失調症ではない。

一卵性の双子

一卵性双生児の遺伝子は100%同じ。

一卵性双生児の発症率を調べると、遺伝との関係が明らかになる。

調査の結果は、一卵性双生児の片方が発症すると、もう一人に発症する確率は50%。

この数値が示すのは、統合失調症では、遺伝の要因が高いこと。

しかし、遺伝以外の環境要因もまた無視できない、ということだ。

統合失調症おすすめの本 ランキング1位 新刊

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ