両価性(アンビバレンス)愛してると殺してやるが同時にある

統合失調症の症状として両価性(アンビバレンス)というのがある。

ある対象に対して、相反する感情を同時に持ったり、相反する態度を同時に示すこと。「両価感情」や「両面価値」、「両価性」などと翻訳されることもあるが、そのまま「アンビバレンス」と表現するのが一般的。

例えば、人と会いたい渇望と人に会いたくない嫌悪感が同時にあったり、好きな相手とSEXしつつ首を絞めて殺してやりたいと思ったり。

車の運転をするときには、右に曲がらないといけないのに、真っ直ぐ進まなきゃという意識があったり。

この自己の中にある相反する感情については、それが当たり前で、統合失調症の症状とは思っていなかったから、長い間苦しんだ。

しかし、それが症状の1つということが分かると、強烈な相反する感情というのはなくなってしまった。

客観的に自己分析することは、多くの面で効果的だ。

統合失調症おすすめの本 ランキング1位 新刊

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ