統合失調症と水中毒 水中毒で死亡することもある

抗精神病薬の副作用の口渇の影響で水中毒になりやすい。

時には異常なほど過剰に水分を摂取してしまう。

過剰の水分摂取によって生じる中毒症状であり、具体的には低ナトリウム血症やけいれんを生じ、重症では死亡に至る。

入院中も酷い水中毒の女性がいて、常に水を飲み、お腹は妊婦のようにパンパンに膨れ上がっていたのを見たことがある。

水中毒への松浦好徳医師の研究

水中毒を専門で研究した松浦好徳の病院においても、患者が水を飲みすぎてけいれんなどが生じるのを防ぐために、多飲症の患者を保護室に隔離し隔離室の大半はそうした患者で占められるということがあった。

そうではなく、水を看護室にて自由に飲んでもらう代わりに、心理教育も行うことで隔離は不要となった。

この研究で分かることは、水中毒になるということは、水分をそれだけ欲しているということだから、無理に水分を制限することを考えなくても好いということだ。

水中毒に対して正しく理解し自制することで重度の水中毒はなくなるということだ。

水中毒を緩和させるサプリメント

すらすらケア CS19 ペプチドという認知機能障害の対策として使っているサプリメントだが、副次的な効果として、水中毒・カフェイン中毒・砂糖中毒が緩和された。

今、1番おすすめしているサプリ

認知機能障害とうつや陰性症状を改善するサプリメント カルピス すらすらケア CS19ペプチド
ラインのお薬グループですらすらケア CS19ペプチドというサプリメントが紹介されていた。 ところで、カルピスのcs19ペプチドというサプリ...

統合失調症おすすめの本 ランキング1位 新刊

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ