統合失調症になったら自立支援医療を申請しよう!

統合失調症と診断されたら自立支援医療を申請することを忘れてはならない。

医療費の自己負担が1割になる制度だ。

僕の場合、自立支援医療を申請すると、田舎だから近所の噂になったりするんじゃないかという懸念もあり、そこまで医療費が高額になるわけでもなかったから、申請していなかった。

しかし、シクレストという新薬になってから、薬代が跳ね上がって、自立支援医療を申請しようかと考えていた。

LINEグループには同じように、自分が統合失調症という精神疾患を持っていると旦那さんの仕事に影響が出かねない人がいて、その人のアドバイスで障害者手帳を持つことは難しいが、自立支援医療なら大丈夫という話を聞いて申請してみた。

この制度があることはけっこう昔から知っていたが、もっと早く申請すれば良かったなぁと今になって思っている。

自立支援医療の申請

病院によっては自立支援の手続気をしてくれて、役場行かないでいいこともある。

紙に名前書くだけであとは提出しといてくれるので楽ちん。

自立支援医療は県が主体となっているから、その県のホームページなどで必要な書類を調べれば良い。

僕の場合必要だったのは、

・医師の診断書
・認印
・マイナンバー
・申請書(市役所福祉課で貰える)

程度でスムーズに申請できた。

自治体によっては自立支援医療の診断書代が帰って来る自治体もある。

自立支援医療の更新

自立支援医療の期限は一年で、毎年手続きをしないといけない。

診断書が必要なのは2年ごと。

診断書がいらない年は役所から郵送で送ってくる書類を書く。

障害者手帳の更新も2年に1回

障害者手帳の更新も2年に1回で診断書が必要。

このときに自立支援医療の更新もすると、毎年診断書を貰わないで好いので楽。

病院のソーシャルワーカーさんに事情を話したら更新が一緒の年になるようはからって貰えることもあり、また市役所で障害者手帳と自立支援の手続きが一緒の日に出来るようにもしてもらうと楽。

統合失調症おすすめの本 ランキング1位 新刊

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ