統合失調症という「才能」全知全能モード!

統合失調症の陽性症状が出たときには、脳も意識も心も100%開かれたかのような体感がある。

この「開かれた!」という感覚は普通の人ではまず一生掛かっても得ることは出来ないだろうし、そのために共感も出来ない。

神が乗り移ったかのような感覚

統合失調症で超越した感覚というのは神が乗り移って、自分の身体を動かしているように錯覚することもある。

僕の場合、パソコンで映像などデザイン関係の仕事が多いが、その超越した全知全能モードになると、ただモニタの前に座っているだけで、自然と驚くべきクオリティの作品が出来上がっているという感覚だ。

自己を磨き、自然体な心のあり方になると、容易にその超越した感覚:全知全能モードにたどり着けるようになる。

陽性症状でしか発揮出来なかった能力が、何気ない日常でも発揮出来るようになる。

日常でスーパーサイヤ人状態になるのが、統合失調症という「才能」の第一の到達点だと感じている。

統合失調症で開かれる心

統合失調症に限らず、心を開くと相手も心を開いてくれる。

普段の生活をしていて日常ではなかなか上手に心は開けないけど。

あのときが最高に調子が良かった。誰とでもすぐ仲良くなれるし、次に発したい言葉がすらすら頭の中から湧いてくる感覚。

これは主観的でなく客観的に言えること。

なぜかっていうと数字にもちゃんと表れたから。

僕は前職で営業をやっていた。結論から言うと統合失調症を発病して入院することになって退職することになった。

だから調子の良い全知全能モードに入っていたのはわずか一か月程度。

しかしその一か月の間に信じられない成果を出していた。

3年以上勤めていた間で最も営業成績が良く自己記録を更新していたから。

3年間一生懸命頑張っても越えられなかった壁を一か月でいとも簡単に飛び越えてしまった。

これは妄想でもなければ幻覚でもない。紛れもない事実。

統合失調症には無限の可能性を秘めていると思っている。

食事で治す心の病 PartⅡ

食生活のあり方が深く心の病に関っている。心身を悪化させる薬づけ医療を厳しく批判しつつ、統合失調症が不治の病ではないことを明らかにした希望の書。統合失調症にビタミンB3(ナイアシン)の効果!

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ