統合失調症とコミュニケーション能力の低下

陰性症状になると、「何もしたくない」という気分が強くなって、人と関わらずに自分の殻に引きこもってしまいがちだ。

そうなると、コミュニケーション能力は低下してしまう。

しかも、繊細過ぎる感覚を保っていることが多いから、普通の人のある種がさつな態度が怖くなったりして、更に心を閉ざしてしまいがちだ。

それは社会復帰するときにも、障害となりうる。

そうならないためには、どういった形でも良いから人と関わることだ。

TwitterやFacebookやLineなどのSNSでも構わない。

人と関わることを止めてしまうと、コミュニケーション能力は低下の1歩を辿る。

LINEグループでは、通話グループもあるが、コミュニケーション能力を高めるために非常に有効だ。

リアルで人と関わるのが辛い方は、この機会に是非LINEグループに参加して欲しい。

1人では乗り越えられないかもしれないが、皆の力を合わせればきっと回復していく!

統合失調症 Line グループ 参加希望の方へ
統合失調症の当事者でこのブログの読者なら誰でも参加出来ます。 家族の方はこのグループから独立した統合失調症家族会☆Pure Light...

統合失調症おすすめの本 ランキング1位 新刊

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ