寝過ぎは寝不足より悪影響?!脳の老化にも繋がる!!

統合失調症の休息期や回復期は、活動することが出来ず、寝るしか出来ない時期もある。 その時期は眠っているのが許されれば、出来るだ...

記事を読む

【理想の睡眠時間】自分がベストパフォーマンス出来る最適な睡眠時間を探すこと

状態が悪いときには、睡眠リズムを整えるというのはほぼ不可能だった。 ちょっとしたことで疲れるし、調子の波も大きく、診察に行くと...

記事を読む

NO IMAGE

統合失調症と睡眠過多:過眠は脳を休めている時期

長い間過眠傾向だった。 何をしていても、常に眠りに逃避したいと無意識に思っていて、眠ろうと思うと何時間でも眠れた。 統合失調症で...

記事を読む

NO IMAGE

不安を感じなくなった世界

ここ3週間ほど活動的だった。 それまでは10時間ほど眠っていて生活リズムも乱れていたのが、この期間は平均して6時間ほどの睡眠時間で、生...

記事を読む

NO IMAGE

【栄養療法・メガビタミン療法】藤川徳美先生のナイアシン関連記事まとめ

藤川徳美先生とナイアシン療法については、Lineグループで知った。 広島のふじかわ心療内科クリニックの院長で、糖質制限とナイアシンなど...

記事を読む

NO IMAGE

統合失調症の減薬と断薬:第一歩は睡眠薬の減薬・断薬から

統合失調症で抗精神病薬と睡眠薬を両方飲んでいる人は、抗精神病薬を減薬・断薬する前段階として、睡眠薬の減薬・断薬から始めれば良い。 睡眠...

記事を読む

NO IMAGE

統合失調症とナイアシン(ビタミンB3):栄養療法は重要!

心の病気は脳の病気と考えられており、脳の病気には、脳の栄養状態をバランス良く保つことが最も重要だとされている。 最近では、食事療法や栄...

記事を読む

NO IMAGE

統合失調症と病状:4段階のステージ「前兆期・急性期・休息期・回復期」

統合失調症の症状の現れ方や経過は人によってさまざま。 100人いれば100通りの経過がある。 一般的には、前兆期、急性期、休息期、回復期...

記事を読む

NO IMAGE

統合失調症ではアルコール依存になりやすい

統合失調症患者は症状を和らげる目的の自己治療として、アルコールや薬物によって副作用や症状を乗り切ろうとする傾向があり、アルコール依存や薬物依...

記事を読む

NO IMAGE

統合失調症と精神的成熟後の好転反応

統合失調症からの回復の過程では、精神的に向上すると、回復時に一時期調子が悪くなる「好転反応」が起こりやすい。 僕の場合、心の奥のネガテ...

記事を読む