オランザピン(ジプレキサ)の減薬と断薬:離脱症状で眠れなくなるのが怖い

はてなブックマークでシェアしてくれるとかなり喜びます♪

2011年に2度目の入院をしたときに、オランザピン(ジプレキサ)に変薬になった。

それからしばらくは調子を保っていた。

2017年の8月に3度目の入院をしたときに、副作用が少ないシスレスト舌下錠に変薬になった。

ジプレキサ(オランザピン)は太りやすさや血糖値を上げる副作用があり減薬や変薬や断薬を考える人も多い薬だ。

ジプレキサ(オランザピン)は、飲んでいる期間が1年以内など長くない場合は、離脱作用は起こりにくいと言われている。

ジプレキサ(オランザピン)と眠気

シクレストを飲むと意識がハッキリするという感じで、オランザピン(ジプレキサ)を飲んでいたときに感じた日中の眠気や、いつでも眠れるという感覚はなくなった。

しかし、いざ眠ろうとしても睡眠が浅く、慢性的な睡眠不足になってしまった。

「このままでは眠れなくて、また陽性症状が再発するかも・・・」

という不安があったので、オランザピン(ジプレキサ)を眠れないときの頓服として出してもらった。

最近になってようやく、オランザピン(ジプレキサ)を飲まないでもスッキリと眠れるようになってきた。

抗精神病薬は、脳の受容体が増えるアップレギュレーションだったり、減少するダウンレギュレーションを起こしやすい。

僕の場合はオランザピン(ジプレキサ)なしでは眠れないという副作用が出たようだ。

それが普通に戻るまで段々とオランザピン(ジプレキサ)の量を減らして、半年ほど掛かったということだ。

オランザピン(ジプレキサ)に限らず、抗精神病薬は脳の受容体に影響しているので、いきなり辞めるのではなく、徐々に減らすことだ。

スポンサーリンク

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

 

はてなブックマークでシェアしてくれるとかなり喜びます♪

フォローする