陰性症状と抗精神病薬。最近の抗精神病薬は陰性症状にも効果がある。

統合失調症は陽性症状よりも陰性症状が主な症状と聞いたことがある。

抗精神病薬は基本的に精神活動を抑制する

抗精神病薬は、様々な神経活動を抑制する。

それが体質によって性欲だったり、満腹中枢だったり、活動する意欲だったり。

陰性症状に効果のある抗精神病薬はない?

陰性症状に効果のある薬は、覚醒剤に近いといわれるリタリンぐらいかな思っていた。

精神活動を抑制する抗精神病薬は、陰性症状の気分の重さを改善することは出来ないと考えていた。

実際今までに試した多くの抗精神病薬は、陰性症状が改善されるどころか、酷くなっていたような印象がある。

昔、まだ統合失調症が精神分裂病と言われ、今のように簡単には情報を仕入れられなかった頃は、陰性症状を薬のせいだと思い込んで、本人も家族も薬をやめてしまい、再発や悪化を繰り返すという事は、よくあった事のようだ。

しかし、今回の入院をきっかけにオランザピン(ジプレキサ)からシクレストに変薬して、驚くことに、今まで感じていた陰性症状の重たさを感じることがほとんどなくなった。

最近の抗精神病薬は陰性症状の改善にも効果があるということは知っていたが、気分の重さがこれほど改善されるのかと驚いた。

自分に合った薬と量を探すこと

薬の種類と量が自分に合うと、陰性症状が劇的に改善される。

今は様々な薬を選択出来るので、医師と相談して、自分に合う薬と量を見つけることが出来たとしたら、あの絶望的な陰性症状も改善するということだ。

あきらめない!

食事で治す心の病 PartⅡ

食生活のあり方が深く心の病に関っている。心身を悪化させる薬づけ医療を厳しく批判しつつ、統合失調症が不治の病ではないことを明らかにした希望の書。統合失調症にビタミンB3(ナイアシン)の効果!

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ