ジェネリック(後発)医薬品とは?

先発品は、膨大な時間と研究を費やして作られるので、お金がかかり、薬価代も高い。

通常なら会社の利益のために、トップシークレットになるところだが、医療に関しては、数年たったら公にして、様々な機関が研究したりする事で、より発展するように考えられている。

ジェネリック(後発)医薬品は、先発品の成分などをそっくり真似して製造した、別の製薬会社から出されたも。

論理的には同じものとなる。

しかし、実は、製造過程や出来上がった商品を検査する回数や臨床試験などが違い、後発品の方がクリアしなければならない検査が少ない。

だから、ざっくり言えば、同じ薬。

けれど、細かく言うと、違う薬。

ということになる。

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ