統合失調症と睡眠過多:過眠は脳を休めている時期

長い間過眠傾向だった。

何をしていても、常に眠りに逃避したいと無意識に思っていて、眠ろうと思うと何時間でも眠れた。

統合失調症で脳に過剰な負荷が掛かっているから、過眠傾向は一生治らないのかとも思っていたが、40歳を過ぎたあたりから過眠傾向は徐々になくなっていった。

以前のように睡眠に逃避する必要はなくなったし、12時間以上眠り続けることは出来なくなった。

過眠傾向は大歓迎

ある医師によると、どうしても何々をしないといけないから眠いのは困る、という事でなければ薬を減らさずその時こそ寝れば寝るだけ後々が良いそうだ。

その時期に無理して生活リズムを整えようとするのはストレスが大きい。

やがて脳が充分に休まったら自然と過眠傾向はなくなるから、そのときまではのんびりとした穏やかな心で待っていればいいよ。

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ