治療法の発展で統合失調症は治る病気になっている

以前は統合失調症は精神分裂病と呼ばれていた。

父も同じ病だったのだけど、その診断名を母は「精神が分裂しているなんて!酷い!」と、誰にもぶつけられない強烈な怒りを禁じ得なかったと聞いたことがある。

当時は精神分裂病は「人格が荒廃し、廃人になる」などという恐ろしい表現に代表される障害が残ることもあったそうだ。

1度入院してしまうと「一生病院で過ごさなくてはならない」という病気という風潮があって、僕も初回入院したときには「すべての希望がなくなった・・・」というこの世にこれほどの絶望があって好いのか・・・と感じる程だった。

その辛い思いをする人が1人でも少なくなればいいとの思いで、このブログとLINEグループを通じた活動を続けている。

「精神分裂病」という診断名は死刑宣告のような重たさ

20年ほど前までは、精神科に対する社会的な偏見も強く、僕の主治医は「うつ」と診断名を患者さんに伝えることにすらためらいがあったという。

「精神分裂病」と診断するのは、更に酷く「死刑宣告のような重たさがあった」そうだ。

慢性的な経過になることや、将来において様々な困難が予測される等のネガティブな見方があったからだ。

告知を受ける本人や家族の否認や落胆など感情面の配慮から告知をためらい、「分裂病ですが希望を持って治療していきましょう」と胸を張って云える様な治療技術はない時代だった。

精神分裂病から統合失調症へ

2002年8月の日本精神神経学会において、「精神分裂病」という病名は正式に「統合失調症」に変更された。

病気になった人々とその家族が、「精神分裂」という言葉のもつイメージに象徴されるような病気そのものに対する誤解や偏見から自由になりたいという強い願いからであると思う。

例えば治療が進歩し癌を告知しやすくなったように、今なら「統合失調症ですが、希望を持ち治療をすれば症状が残ったとしても社会生活は可能な病気です」と説明することがでるようになったという。

病名が変わり社会全体が「新たな統合失調症の姿」を知り理解がより深まれば、様々な可能性や変化が生じてくるものと期待をしている。

治療法の発展

21世紀に入り、治療法の発展として新薬(非定型抗精神病薬)が登場して状況は一変する。

非定型抗精神病薬の登場

それまでの「幻覚、妄想や興奮を抑える作用」に「意欲を改善させる作用」が加えられた薬のため、数年間の長期入院者が退院したり、自宅に閉居していた人が社会活動に参加したり、新規に発病しても比較的短期間で軽快する人が多くなった。

また副作用が少ないことから、服用を途中で止めてしまうことによる再発も抑えられるようになった。

精神療法や社会療法

薬物療法ばかりではなく、入院や通院における精神療法や社会療法により、そして退院後の生活支援の充実によるところも大きく、通院のみで治療が可能になることが多くなった。

メディアも精神医療を取り上げる機会が増え、浦河町の「べてるの家」の活動がテレビで紹介されたり、アカデミー賞をとったアメリカ映画「ビューティフルマインド」が上映されるなど、この病気にとって画期的な時代に入っているという印象だ。

統合失調症おすすめの本 ランキング1位 新刊

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ