医師との信頼関係は統合失調症から回復する上で重要な要素

はてなブックマークでシェアしてくれるとかなり喜びます♪

先日は雪のために診察に行けなかったので、今日行ってきた。

主治医不在で、代理の先生だった。

ほぼ初対面だったので、事務的な感じで診察はすぐに終わった。

主治医とは初回の入院から20年以上の付き合いだ。

ほとんど診察で毎月1回は会う。

そうやって積み重ねた信頼関係だから、病気のことだけではなく、哲学的な話もするし、世間話もするし、時には2人で大声を上げて笑ったりもする。

医師との信頼関係は統合失調症から回復する上で重要な要素

医師との信頼関係は、統合失調症から回復する上でとても重要な要素の1つだと思う。

僕は保護室に2回。四肢拘束をされたこともある。

自分ではそれほど軽い症状だと思ってはいない。

退院するときも家族が「今のままで退院してもいいの?」と思っていたと、後で知らされた。

障害者手帳や障害者年金のことを聞いたら「キミにはそれは考えてない」と、話はそれだけで終わった。

海外で生活するときも「どうにかなるんじゃない?」と快く送り出してくれた。

自分が医師を信頼しているように、医師も自分のことを信頼してくれているのだろうなと感じている。

本当に運が良くいい主治医に出会った。

この主治医でなかったら、僕はこれほど回復せず、一生入院生活だったのかもなとたまに考えることもある。

スポンサーリンク

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

 

はてなブックマークでシェアしてくれるとかなり喜びます♪

フォローする