診察日:精神疾患に栄養療法は否定できない

はてなブックマークでシェアしてくれるとかなり喜びます♪

土砂降りの雨の中、片道2時間かけて診察に行ってきた。

予約制で人も少なかったこともあり待ち時間は五分程度で診察室に呼ばれた。

精神疾患に栄養療法は否定できない

今日は、サプリメントなどの栄養療法について聞いてみた。

「それを重要だと思う医師もいる。

確かに否定は出来ない。

僕の患者もビタミンB2で幻聴がなくなった人もいるから。

ただ、栄養療法には限界があってそれだけではダメかもしれないよね。

でも、抗精神病薬も同じよう限界はあるかな。」

というような内容で、抗精神病薬とサプリメントなどの栄養療法を上手に組み合わせるのが良いのかもしれないとのことだった。

血液検査のすすめ

それから世間話をして、薬局へ薬をもらいに行った。

いくつか質問されて、水中毒気味だというと、次の診察で血液検査のことについて聞いた方が好いよとアドバイスを受けた。

血液検査と栄養療法

栄養療法を積極的に取り入れている医療機関では、まず血液検査をして数値を観て、サプリメントで補う栄養素を決定するという。

栄養療法を取り入れるなら血液検査は必須だろう。

自己判断でサプリメントを大量に摂取すると、副作用で色々なトラブルが出かねないから。

それから、楽しみにしている久々の外食ランチ!

本日のパスタ!

美味しかったぁ!

スポンサーリンク

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

 

はてなブックマークでシェアしてくれるとかなり喜びます♪

フォローする