腸は第2の脳:胃腸の不調と精神の不安定は相関する

腸は第2の脳と呼ばれている。

腸が不調だと精神は不安定になりやすいし、脳がストレスを受けると腸もストレスを受けやすい。

精神疾患を抱えている人は、胃腸の不調に悩まされやすい。

僕の場合は、ちょっとしたことでお腹を壊すし、常に軟便気味だった。

腸が慢性的に不調だと疲れも取れにくいし、精神的にも安定しにくい。

精神的なトラブルがある方は、まずは第2の脳である腸の調子を整える生活を考えれば回復はスムーズになることもある。

最近、ミヤリサンという整腸剤を使うようになって、その効果を実感している。

胃腸が好調だと身体も元気になるし精神も落ち着くようになる。

胃腸の調子を保つために

生活リズムと食事とサプリメントを上手にコントロールすることによって、胃腸の調子を保って欲しい。

ミヤリサン

ミヤリサンはLINEグループでオススメしてもらったものだ。僕の体質に合っているのか、今まで試してきた整腸剤よりも良く効く!

病院でも処方されるビオフェルミンは、お腹を壊したときに飲むと、更に状態が酷くなることもあって合わなかった。

ミヤリサンは抗生物質などの医薬品で荒れた胃腸を整える整腸作用に優れているそうだ。

ヘパリーゼ

ヘパリーゼもLINEグループで話題になったものだ。

これを飲むと熟睡感がアップするということで興味があって試してみたが、滋養強壮効果があるらしく胃腸の調子を整えて日中元気になる効果もあるようだ。

飲み会の前に飲むと、翌日お腹を壊しにくいという人もいる。

サポートセンターに問い合わせてみると、栄養剤というよりはサプリメントの扱いでカフェイン入っていないし、ビタミンB2、B6は多ければ体から出るし、肝臓エキス、ウコンエキスは害は無いので合っているとお感じなら続けてお飲みください、元気になったなと感じたら休んでください、ととても丁寧に説明してもらった。

さすが、ゼリア新薬!

ナツメグ

これもLINEグループで紹介して貰った。インドネシアでは睡眠薬の主要な成分として販売されているそうだ。

ナツメグは精神を安定させるだけでなく、整腸効果も高い。

そのために胃腸のもたれやすい肉料理のスパイスとして古代から使用されている。

ただ、多少の中毒性があるので、常用は控えた方が無難かもしれない。

統合失調症おすすめの本 ランキング1位 新刊

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ