統合失調症と過眠傾向

統合失調症の陰性症状では過眠傾向に陥りがちだ。

1996年の11月に統合失調症を発症してから、2015年の8月まで過眠傾向が酷かった。

何時間でも眠れるし、常に睡眠に逃避したいと思っていて、一生過眠傾向は治ることはないと感じていた。

2015年の8月から特に何も変わってないのに、急に今までのように過眠が出来なくなった。

心が安定してきて、起きているときのストレスが少なくなったからだと思う。

過眠の種類

なぜ過眠傾向になるのかというと、以下の2つの場合があるように思う。

オーバヒートした頭をクールダウンさせるための過眠

統合失調症は脳の前頭前野が働き過ぎるということが最近の研究で分かってきたという。

簡単にいうと働き過ぎてオーバーヒートしてしまうということだ。

現実逃避としての過眠

現実逃避として睡眠に逃避する傾向もある。

これは目の前の課題を解決していって、心が落ち着いてくると次第に過眠傾向が治まってくる。

この段階に入ると、過眠する必要がなくなるから、自分に最適な睡眠時間を探すことだ。

必要以上に寝過ぎると、気分が重くなりがちだ。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

★Twitterはじめました!hoshuをフォローしていただけると嬉しいです!

はてなブックマークでシェアしてくれるとかなり喜びます♪

フォローする