統合失調症と感情鈍麻(アンヘドニア)

統合失調症の陰性症状では、喜怒哀楽の感情が鈍麻する。

感情の平坦化や無快楽症アンヘドニアともいう。

98才でなくなった祖父が晩年、「花を見ても綺麗だと思う感情がなくなった」と寂しげに呟いていたが、その感覚と似ているのかも知れない。

何をしても感情は動かない。

たまに興奮することはあっても、心から「楽しい!」と心から思えることはない。

しかし、これも心を整え自然体になると、次第に今まで辛くて何もしたくなかったのが、何かしようかな?とか、明日のイベント楽しみだなと思えるようになってくる。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

★Twitterはじめました!hoshuをフォローしていただけると嬉しいです!

はてなブックマークでシェアしてくれるとかなり喜びます♪

フォローする