統合失調症と食事

回復期には乱れた食生活でもしょうがない

統合失調症で、心身のバランスを崩してしまうと、それが現実にも投影されて食生活のバランスも乱れてしまう。

生活の乱れ、食生活の乱れがあるのは、回復の過程ではしょうがないことだ。

それを無理矢理整えようとしても、それ自体がストレスとなりがちだ。

あまりにもストレスなら乱れた生活リズムのままで、一般の常識とはかけ離れていたとしても!無理せず心身が求めるリズムで、食べたいときに食べたいものを食べる方が好い。

やがて心の在り方や心身のバランスが整うのを待てば好い。

そうすると自然と食生活も整う。

理想的な心身のバランスは理想的な食生活に繋がる

食事とマウスの実験

マウスの実験で興味深いものがある。

様々な餌をマウスが自由に食べられるようにして、ストレスを与えたマウスと、与えないマウスで比較したそうだ。

ストレスを与えたマウスの食生活は乱れ、ストレスを与えないマウスは、最適な時間にバランスよく餌を取るということが分かった。

人間も同じで、心を整え心身のバランスがとれたストレスのない状態であれば、理想的な食生活になるということだ。

VENEX リカバリウェアを使うようになって

僕の場合このブログでもしつこいぐらい紹介しているVENEX リカバリウェアを使うようになって自律神経のバランスが取れてきたのか、朝食を取らないと立ちくらみがしたり気分が重くなったりするようになった。

だから、食べたくなくても朝は何かをお腹に入れることにしている。

こうやって段々と自然に生活リズムは整っていく。

統合失調症と過食

薬の副作用で、食欲が亢進されることがある。

数十キロ太ったという話も良く聞く。

あまりにも酷いようなら、薬を変えて貰うことも考えよう。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

★Twitterはじめました!hoshuをフォローしていただけると嬉しいです!

はてなブックマークでシェアしてくれるとかなり喜びます♪

フォローする