統合失調症の回復を1番遅らせるのは「焦り」

統合失調症になると、とかく回復を焦りがちだ。

特に陽性症状の後にやってくる陰性症状では、今まで簡単にできていたことが全く出来なくなることが多い。

だから、焦る気分はハンパなく大きい。

焦りから何かを始めてしまいがちだが、それはマイナスのエネルギーで動いているのだから、結果もマイナスになり回復を遠のけてしまう。

陰性症状で何も出来ない時期は、心と身体が「今は休む時期だよ♪」というメッセージを発しているのだ。

それが腑に落ちて心身ともに安心してゆっくりと休める意識になれば、以前の自分よりレベルアップを感じて、色々なことがやれるときが必ずやってくるから。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

★Twitterはじめました!hoshuをフォローしていただけると嬉しいです!

はてなブックマークでシェアしてくれるとかなり喜びます♪

フォローする