統合失調症と調子の波

調子には波がある。

波に翻弄されてしまうと、その時間が永遠に続くように錯覚してしまうこともあるが、そういうことはない。

後に自分を俯瞰して客観的に分析できるようになると、同じ状態がずっと続くことはないと分かってくる。

プロですら調子の波はある

あるプロ野球が「調子の良い時に結果を出せるのは当たり前だ。調子の悪いときにいかにして相手を抑えることが出来るかが、一流と二流を分かつ」というようなことを言っていた。

プロですら調子の波があるということだ。

最悪の精神状態で行動しない!

精神状態が悪くなればなるほど、「このままじゃいけない!どうにかしないと!」と焦りや不安や恐怖などといったネガティブなエネルギーで活動しがちになる。

しかし、ネガティブなエネルギーで始めた結果は、当たり前だけどネガティブになる。

統合失調症に限らず精神状態には波があるから、最悪の精神状態を抜けてから活動しよう!

ちょっとだけ待つことを覚える

そういうときには、ちょっとだけ待って、ネガティブな気分が去るのを待とう。

調子が悪いときにも、「待ってれば調子は回復するし」と安心して考えられることが出来るようになると、心が落ち着いてネガティブに留まる時間は短くなり、最短で好調の波に乗ることが出来るようになる。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

★Twitterはじめました!hoshuをフォローしていただけると嬉しいです!

はてなブックマークでシェアしてくれるとかなり喜びます♪

フォローする