情報の取捨選択が必要

最近色々とやることが多くキャパオーバーだ。

したいことはたくさんあるが、取捨選択が必要な時期に入ったということだろう。

情報の波に溺れている現代人

現代人は情報の波に溺れている。

江戸時代の人が一年で得る情報より、現代人が1日で得る情報の方が多いという話も聞いたことがある。

すべての情報を処理しようというのは、どだい無理なことなのだ。

僕は長い間それが分からず、全ての情報を処理しようとしていたが、この情報過多の時代にあっては、情報の取捨選択、やりたいことの取捨選択が必要となる。

若い時代に、それを見つけた人はラッキーだと思う。

天才藤井聡太

公式戦29連勝の藤井聡太についてベテラン棋士が分析していた。

今はパソコンやスマホがあるから、対局をライブで見ることが出来る。

でも、私たちの世代は、棋譜を見ようとしたら将棋会館に申請をし、郵送で手に入れるまで1カ月はかかっていましたよ。

これだけ研究環境が整ったら、若い棋士の棋風が洗練されていくのは当たり前でしょうね」

とは言え、もちろん環境だけでこれほど勝てるワケではないという。

「得られる情報量が増える。

すると、それが必要な情報かどうか、取捨選択する能力が必要になるのですが、彼はそれが高いのでしょう。

だからこそ、今の成績が残せているはず」

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

★Twitterはじめました!hoshuをフォローしていただけると嬉しいです!

はてなブックマークでシェアしてくれるとかなり喜びます♪

フォローする