統合失調症と調子の波

統合失調症に限らず、どんなに高いレベルで寛解したとしても調子には波がある。

不調だと「こんなことしている場合ではない!一刻も早くこの状態から抜け出さないと!」というような焦りや不安が生じがちだ。

更に悪いことに、状態が悪くなればなるほど、どうにかしないとけないという気分は強くなって、何かをしてしまう。

しかし、それはマイナスのエネルギーで動いているのだから、短期的には好くても、結果がプラスに転じることはない。

不調な時期は、まず「待っていれば好調になる」と知り、最低限の課題だけこなして、後はのんびりと待つことだ。

そうすると脳が無意識に調整しているのか、自然と動くべきときには動けるようになってくる。

昼があれば夜があるように。

明けない夜はない!

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

★Twitterはじめました!hoshuをフォローしていただけると嬉しいです!

はてなブックマークでシェアしてくれるとかなり喜びます♪

フォローする