意欲の低下(面倒だ・何もしたくない)

統合失調症の陰性症状で意欲の低下は大きな問題で、大きすぎるストレスだ。

今はその状態から完璧に近いほど抜けたから、どういう精神状態でその時期を乗り越えるのが正解かというのはだいたい分かる。

意欲が低下しているときにやってはいけないこと

「面倒だ」「何もしたくない」という気分が強いときにやってはいけないことに、〆切があるからとか、焦りや不安で無理矢理自分を動かしてしまうことだ。

そのやり方に慣れてしまうと、そのやり方しか出来なくなり、やがてメンタルが潰れてしまい、やる気がゼロになってしまいがちだ。

やる気がゼロになると、今まで積み上げてきたものがすべて無に帰す。

即ち回復にもより長い時間が必要となるということだ。

意欲が低下しているときには、活動・行動しない。

ちょっと待って、やりたくなるのを待つことだ。

そのやり方で仕事や課題をこなしていけば、やがてストレスフリーで活動出来るときがやってくる!

意欲の低下は「今はすべきじゃないよ」というメッセージ

意欲の低下は「今はそれをすべきじゃないよ」という心身のメッセージだと捉えて、焦りも不安もなく穏やかな気持ちで休むことが出来ると、やがて自然と心と身体が動き出す。

この自然と動き出す感覚を掴めたら、回復は劇的に早くなる。

無意識にバックグラウンドで調整している

意欲が低下しているときに、何もしないのは最初のうちはとても不安になる。

しかし、そのやり方でやっていると、脳は無意識にバックグラウンドで調整をして、本当に必要なときには自然と力を出せるようになっている。

それは思考で変えるのではなく、右脳的・直感的な作業だ。

自分を信じて、意欲が低下したときには、ゆっくり休むか、そのときにストレスなく出来ることをしよう!

ストレスフリーで活動出来るようになる!

自然と動き出す感覚は、ストレスが全くない。

その感覚を掴めるようになると、やがてストレスフリーのやり方で活動出来るようになる。

例えばブログの更新でも、パソコンの前に座って、ボーッとしていたら神が身体を操って気付いたら更新しているというような状態になれる。

ストスレは全くなく、非常に効率良く高いレベルで課題をこなすことが出来るようになる!

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

★Twitterはじめました!hoshuをフォローしていただけると嬉しいです!

はてなブックマークでシェアしてくれるとかなり喜びます♪

フォローする