統合失調症とスポーツ

統合失調症は感性的に優れていて、運動能力が開かれることはあまりないのかもな?と感じていたが、どうやらそうではないらしい。

統合失調症は脳の一部が過剰に働く「才能」だ。

例えば、スポーツ選手が「神が乗り移って、自分の身体を動かしているようだ」とか音楽家が「音楽が降りてきた!」というような体感を日常で得ている。

驚異的な集中力を日常で保っているということだ。

その驚異的な集中力がスポーツに向かったら、ある程度の結果は残すことが出来るように思う。

実際、Lineグループには元プロボクサーが2人いる。

集中力が運動に向いたとしたら、スポーツ選手としても大成するかもしれない。

そういう人がこれから生まれるのではないかな。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

★Twitterはじめました!hoshuをフォローしていただけると嬉しいです!

はてなブックマークでシェアしてくれるとかなり喜びます♪

フォローする