統合失調症と入浴

陽性症状の後は、本当に何も出来なくて、眠ることしか出来なかった。

それが次第に回復すると、最低限のことはしようと鉛のように重たい身体を無理矢理動かして毎日入浴していた。

毎日入るのが当たり前だと思っていたから。

今考えるともの凄いストレスを抱えながら、ただ義務感で入浴していたように思う。

北京での経験で心は軽くなった

北京で4年間生活したが、向こうの人は基本的に入浴しない。

砂漠気候で常に水不足で入浴するほどの水を確保できなかった歴史的背景や、乾燥した気候だからお風呂に入らなくても匂いがほとんどしない。

2週間ほど同じTシャツで働いていた人も観たことがある。

そういう文化に触れて、「毎日入浴しないといけない」というのは日本人的な常識なだけで、それが真実ではないと気付いた。

日本に帰ってきてからは、調子の悪いときには無理して入浴しないようになった。

その心理的なゆとりが、回復を早めた一因かもしれない。

入浴出来ないと、罪悪感のようなものを感じるかもしれないが、入浴したくないと言う気分は「今はゆっくり休んで」という心身のメッセージと捉えよう。

自然と入浴したくなるのを待つ

きっと日本人のDNAは毎日入浴したくなるように出来ている。

入浴することがキツいときには、無理して入らず、人と会う前など最低限にして、その他は「入りたくなったら入る」というスタンスでいると、気分が楽になる。

そうするとやがて入浴するのがキツくなくなる。

「入らなきゃ!」という義務感のようなものを感じながら入浴していると、そのストレスで状態は悪くなりかねない。

入浴することで気分転換

僕の生活は、朝起きて夜寝るまで、ウダウダと考えながらパソコンの前に座っていることが多かった。

過ぎたるは及ばざるが如しで、非常に効率が悪い。

ボディービルダーの世界では以前は1日8時間程トレーニングをするような人が世界チャンピオンになっていたというが、近年は1日2時間程度の集中したトレーニングで、残りの時間は身体の休息に当てることで効率良く身体を作り、そういう人が世界チャンピオンなるようになってきたという。

同じことをし続けるよりも、ちょっと目先を変えて、気分転換のつもりで入浴すると身体もさっぱりして、頭の疲れも取れて、効率が良くなる。

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

★Twitterはじめました!hoshuをフォローしていただけると嬉しいです!

はてなブックマークでシェアしてくれるとかなり喜びます♪

フォローする