水晶(珪素)化する地球人の秘密「ブレない意識」

久しぶりに、スピリチュアル関係の本を読んでみた。

umo 珪素 水晶のちから 50ml
by カエレバ

意識に設定したことは、宇宙では必ず実現する

意識に設定したことは、宇宙では必ず実現する。

実現しないことは1000%あり得ない。

では、なぜ?

地球人の願ったことや夢がなかなか実現しないのか?

ブレない意識設定を!

地球では時間と空間があるので、意識設定した内容のエネルギーが一定期間ブレずにいないと実現しない。

地球人の願いがどうしていつも実現しないかというと、ある時点で意識設定をしても、次の瞬間には、「そんなこと無理だ」と思ったり、人から「そんなことあり得ない」などと言われてブレてしまうからです。ある瞬間に「ダメだ」と思う意識設定が生じて常にブレてしまう。

疑ってしまうと絶対に成立しないという宇宙の法則

もう1つ想いが実現しないもっとも大きな理由は、地球社会で色々と疑う癖がついてしまっていることだ。

疑ってしまうと、絶対に成立しないという宇宙の法則がある。

「世界を変えられる!」と信じたスティーブジョブズ

スティーブジョブズは、「世界を変えられる!」と信じていたそうだ。

意識が現実になるまでブレなく信じつづけていればどんなことでも達成可能だ。

そう。

つまり、僕らには世界を変える力すら与えられている。

疑いなく!

松井秀喜「不動心」

1998年春、松井秀喜は絶不調だった。

開幕から32打数無安打。

初本塁打は11試合目だった。

4月は打率1割台。

さすがにチームメートも心配していたという。ある試合後、ロッカールームで毎試合後のルーチンとしていたグラブやスパイクを磨いていた松井氏に、先輩の後藤孝志が気を使って、「ゴジ、大丈夫だよ。終わってみると、普通の成績になっているから」と声をかけると、「俺もそう思うよ」と当然のごとく返答したという。

「さすがに滅入っているのかなと思ったんだけどね。あっけらかんと『そう思うよ』だもん。シーズンが終わったら、本塁打(34本)と打点(100点)の2冠。言ったとおりになるんだから、本当にすごいよ」という。好不調にかかわらず、“自分”を崩すことなく、心も揺れない。松井氏がモットーとする「不動心」に驚かされた。

「松井はどんなときも変わらない。普通、4安打とかしたら気持ちが盛り上がったり、打てなかったら沈んだりするけど、そんなことを見たことがない。どんなときも変わらない。それが本当の一流選手なんだろう。松井にあるとき、『ジーターって、どんな選手』って聞いたら、『どんなときも変わらない。どんな人と接するときも変わらない』って言っていたね。」

ブログランキングに登録してます。
クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。
是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

★Twitterはじめました!hoshuをフォローしていただけると嬉しいです!

はてなブックマークでシェアしてくれるとかなり喜びます♪

フォローする